株式会社インフィニットループ PHPとスマホアプリ開発を行う札幌のシステム会社

技術ブログ

  1. トップ>
  2. 技術ブログ>
  3. 『みんなの札幌移住計画』 ぼくのわたしのIターン就職体験記

2016年02月16日 (火)

著者 : 

『みんなの札幌移住計画』 ぼくのわたしのIターン就職体験記

P1000353_t

こんにちは、もうすぐ入社して1年になるikeです。

先月、東京にて『みんなの札幌移住計画』が開催されました。
北海道で働くことに興味のある方が、多数参加されたことと思います。
かくいう私も去年の4月までは関東に住んでおりました。

さて今回は、イベントには参加してみたけれど、やっぱりまだ移住に抵抗のあるという方、
そもそも北海道での生活が想像できないといった方に向けて、
一度も北海道を訪れたことのなかった私がインフィニットループに入社するまでの流れと、
1年間、この地で過ごした感想を簡単にご紹介したいと思います。

移住は唐突だった

site

はじめてのインフィニットループ

昨年2月、共に求職活動をしていた友人から一件のメッセージとURLが。

「この会社面白そうだよ!」

それがインフィニットループとの最初の出会いでした。
WEBページを眺めながら、段々と興味が湧いてきて、一言。

「ダメでもともと、ちょっと応募してみるかw」

採用応募フォームに各種入力して送信!
「応募してみたぜ!」と友人に報告。

「え?うそ、さっきの会社、北海道だけどいいの?」
「!?」

改めて会社の所在地を確認してみると、北海道は札幌市。
その後すぐに返事を頂いて、Skype面接、体験入社とトントン拍子に話が進んでいきました。
一度会社を見てみたほうが良いだろうということで、このとき人生初の北海道旅行。
3月の頭、降り立った北の大地には、まだ雪が吹雪いていました。

1455259937

初めての北海道は電車でした。電車でおよそ12時間。ジンギスカン、かにめし、うまい!!

そして体験入社を終えてから10日後、まさかの内定を頂き、移住が決定。
家探しをするために再度北海道へ渡れるほど金銭的に余裕もなかったことから、
不動産会社の方に協力していただき、なんとGoogleストリートビューを使っての家探し。
時期も時期だったため空いている部屋がなかなか見つからず、苦労もしましたがなんとか住処を確保。

4月の下旬、北海道での生活が始まりました。

北海道(札幌)での生活

1455263997

入社1週間前、札幌散策中に撮った春の大通り

なんの準備も知識もない状態ではじまった北海道生活。
はじめは不安しかありませんでしたが、実際に生活してみるとびっくり。
関東に住んでいたころより快適な生活が待っていました。

北海道での生活 – 春

1455258414

春の穏やかな豊平川。現在会社のあるサッポロファクトリーから自転車で10分ほどです

春はちょうどゴールデンウィークくらいから桜が咲き始めます。
地下鉄やバスも便利ですが、雪のない季節は自転車があると、とても便利です。
春の少し冷たい風を全身に受けながら走る豊平川のサイクリングロードはオススメです。

毎年この季節になると目や鼻がムズムズして大変だったのですが、
北海道は花粉が少ないそうです。夢のような話です!

1455262936

サイクリングロードを下っていくと見えてくる中島公園では、ちょうど桜が満開でした

北海道での生活 – 夏

IMG_3698

夏の丘珠空港。この頃はあまり写真を撮っていなかったので頂きもの…今年は行ってみたい!

関東での6月といえば梅雨真っ只中。
毎年ジメジメした蒸し暑い中、うなだれながら梅雨明けを待ちます・・・。

ところが北海道には梅雨がありません。

これは北海道に住み始める前に事前に調べて知ってはいたものの、
実際に体験するまでは疑心暗鬼でした。
また、「北海道はきっと夏でも涼しいのだろう」と思っていましたが、
30度を超える日もいくらかありました。
とはいえ夜はそれなりに涼しくなるので、扇風機でもあれば快適に過ごせます。

「あ~・・・、今日はジメジメして嫌な暑さだなぁ・・・」

「えっ?」

印象的だった、先輩と私のとある夏の日の会話です。
このとき私は「真夏にしては過ごしやすい日だな」と感じていたため、本当に驚きました。
関東での、毎年うだるような暑さに耐え忍んでいる方であれば、
北海道の夏は心地良いくらいかもしれません。

北海道での生活 – 秋

IMG_4634

サッポロファクトリーのハロウィンイベント!

秋は短く、10月くらいになると急激に寒くなり、
11月の中旬くらいに一度雪が降ってからは、自転車ではなく地下鉄での移動が主となりました。
外を移動していた人がみんな電車に乗り始めたら、相当混むのではないかと危惧していましたが、
通勤ラッシュの時間でなければ余裕を持って乗ることができました。

街のショーウィンドウには冬用の衣類が一気に並び始めます。
関東で冬に着ていたコートを、いちおう持ってきてはいたのですが、
少し不安だったので新しい物を購入することにしました。
ある店で、店員さんに「北海道の冬を越せるコートをください!」というと、
親切に暖かそうな品をいくつか選んでくれました。

そしていよいよ北海道の冬

去年の12月から今年にかけて、今年度は雪が少なかったそうです。
正直なところ、朝起きたら歩けないくらいの雪が積もっていることを想像していたのですが、
札幌でそこまでの状態になることは、まず無いそうです。

1455269776

北海道の雪道を歩くときは、きちんと冬用の靴を履かないと危険です

歩道が踏み固められた雪でつるつるになること以外、市内で生活する分に困ることはありません。
服装も、関東に住んでいた時は季節ごとに衣替えが必要でしたが、
北海道では部屋の中が暖かいため、厚着をしてしまうと調整に苦労します。
春や秋に着るような少し温かい服に、厚めのコートを着て、
ズボンの下にヒートテックのタイツを履くだけで、
出勤やちょっと出かける程度であれば全く寒くありませんでした。

また、関東の冬といえば、朝起きると部屋の中が1、2度で、毎朝布団から出るのが辛かったのですが、
今私の住んでいる部屋は、2月を迎える今でも室温が8度を下回ったのをみたことがありません。
住居の作りが寒くなることを前提に作られており、暑いと感じることすらありました。
このことから北海道の冬は、アイスがとても良く売れるそうです。
(※ただし場所や部屋の条件によって大きく変わるので注意が必要です)

1455270160

サッポロファクトリーにも巨大なツリーが登場!クリスマス期間中毎日みれます。
そう、インフィニットループならね

さて、去年は仕事を覚えたり、北海道での生活に慣れることを優先していたこともあり、
観光はほとんど出来ていなかったのですが、
今年は初めての冬を越せて、それなりに落ち着いてきたので
春からはいろいろ見て回りたいと思っています。

その先駆けとして今回雪まつりに参加してきたので、
ついでにその様子もご紹介したいと思います。

さっぽろ雪まつり

北海道自体が初めてだったこともあり、当然雪まつりも初参加でした。
雪まつりは2月5日から1週間、毎年日付は固定で行われるそうです。

今年は初日が5日、金曜日だったので、休日の6,7日に行く予定だったのですが、
社内の先輩から「雪像見に行くなら前日の夜がいいよ!」と教わり、
4日の夜、仕事帰りに大通りへと足を運びました。

会場では開催前日であるにも関わらず、いくつかの飲食店やオフィシャルショップが開いており、
雪像もしっかりとライトアップされていました。
人もそれほど多くなく、ゆったりと見て回ることができました。
これは札幌に住んでいる人の特権だと思います。
(もちろん遠方からの観光客らしい方も多数いましたが)

1455260478

開催前日の雪まつり会場。「札幌に住んでる人は毎年これ見れるんだよね、いいな〜」と呟いている人も

1455260749

製作中の雪像もちらほら・・・

5日から祭りが本格的に始まると、大通りには人が溢れ、一方通行となります。
流れに身を任せて雰囲気を楽しむことはできますが、
ここまでじっくりと見て回ることは難しいでしょう。
この前日に雪像、氷像を隅々まで楽しんだ後、
当日は各種イベントをメインに2度3度と楽しむことができました。

1455261081

普段は平地のはずの大通り公園に、突如現れた大迫力のジャンプ台。初めてみたときは目を疑いました。

1455261678

すすきの会場も多数の氷像とイルミネーションで幻想的な雰囲気に包まれていました

1455262003

最終日は快晴!ずっと見たかった自衛隊音楽隊コンサートも生で見ることができました!

土日には、会社のあるサッポロファクトリーでもたくさんのイベントが行われていました。
サッポロファクトリー会場では、雪まつりでお馴染みの雪ミクグッズも販売されており、大盛況していました。

P1000619

当日販売で手に入れた雪ミク2016のねんどろいど、会社のデスクに飾ってます。かわいい

さいごに

入社してからというもの、知人数名に
是非一緒にインフィニットループで仕事しないか!と声をかけてみたのですが、
結果は「北海道は流石に遠すぎる」「関東だったら即応募するんだけどなぁ・・・」といった返事でした。

確かに地図で見たら遠いかもしれません。

しかし飛行機を使えば、実は東京までたったの1時間半程度です。
関東に住んでいたころは、東京まで行くのに電車で2時間以上かかっていたことを考えると、
むしろ北海道のほうが東京に近いのではと錯覚するほどです。
今年の3月には青森から函館まで新幹線も開通します。
(札幌までは2030年までに開通予定)

昨年の正月には、4ヶ月後に自分が北海道に住むことになるとは夢にも思っていませんでした。
全くの無計画で始まった北海道での生活。案外なんとかなるものです。
いざとなれば弊社はうまい棒も食べ放題

北海道、ぜひ、どうですか。
インフィニットループではIターン、Uターンを希望するエンジニアを応援しています!

裏話

弊社に内定が決まったのち、入社希望日を聞かれたときのこと。

「やはり決まったからには早めがいいですよね・・・?」

「ん?好きなときでいいですよ、内定が決まってから半年後に入社した方もいます。」

「ええ・・・!?」

今決まっても引っ越しの準備ができないといった方、事情があってすぐには決められない方、
その他さまざまな理由で二の足を踏んでいる方々、まずは応募してみませんか。
(※私のような軽率な応募にはご注意ください)

インフィニットループでは、まだ一度も北海道に来たことがないエンジニアも大募集しております。
詳しくは採用情報ページへ!
それではまた。

P1000623

コメントはまだありません

No comments yet.

  • このブログについて

    このブログは、札幌市の「株式会社インフィニットループ」が運営する技術ブログです。
    お仕事で使えるITネタを社員たちが発信します!

    最新の記事