株式会社インフィニットループ PHPとスマホアプリ開発を行う札幌のシステム会社

技術ブログ

  1. トップ>
  2. 技術ブログ>
  3. ボードゲームの記事一覧

2018年11月02日 (金)

著者 : 

「TVhけいざいナビ北海道」でインフィニットループが紹介されました

こんにちは、onoです。

少し前の話になりますが、10月6日に放送された「TVhけいざいナビ北海道」で、インフィニットループを取り上げていただきました。

「あたなの会社は幸せですか ㊦ ~100円総菜に飲料菓子無料!?幸せ企業とは~」

今回のテーマは「福利厚生」。

(続きを読む…)

2011年12月26日 (月)

著者 : 

【ボードゲーム大会レポート】 クリスマスイブ前々夜にボードゲーム大会を開催しました!!

はじめまして。新入社員のunisonです。

弊社では多くのボードゲーム好きが集まっていることもあり、不定期ながらもボードゲーム大会を行っています。
さて、今回はクリスマスイブ前々夜に開催されたボードゲーム大会についてレポートさせていただきます。

プレイしたボードゲーム紹介

Coloretto(コロレット)

3人から5人でプレイするカードゲームです。
各カード色毎の枚数で点数を決めるだけのシンプルなゲームですが、精算時に多くの色を持っているとマイナスになってしまうルールからジレンマとギャンブル要素の強いゲームに仕上がっています。
 

ゼックスニムト

2人から10人でプレイするカードゲームで、日本では「ニムト」という名前で販売されています。
点数計算がシンプルなゲームで、カードに描かれている牛マークの数がマイナス点です。
今回は大人数でプレイしましたが、社内でも運ゲーと好評でした。
 

お邪魔者

3人から10人でプレイするカードゲームです。
各プレイヤーは「採掘者」と「妨害者」に分かれてそれぞれの役割を満たしながら点数を稼ぎます。
 

Stronghold

2人から4人が2チームに分かれてプレイするボードゲームです。
舞台は中世ファンタジー戦争映画のクライマックスシーンさながらの要塞で、プレイヤーは「攻城軍」「籠城軍」の各指揮官としてその目的を達成すれば勝利です。
このゲーム、ルールブックが難解でプレイまで3時間、プレイ終了まで更に2時間掛かりました…。
また、要所要所でルールが抜けていたりわかりづらかったりするので、マイナールールを少し入れると良いかもしれません。
 

レース・フォー・ザ ギャラクシー

2人から4人でプレイするカードゲームです。
SFと復活した帝国主義がテーマで、アメリカでヒットしたゲームです。
 

Rummikub(ラミィ キューブ)

2人から4人でプレイする「麻雀」に近いゲームです。
 

バトルライン

2人でプレイするカードゲームです。
3枚ポーカーのような軍隊を作り、9つの戦場の内、5つの戦場で勝利するとゲーム勝利になります。
 

風景


“Stronghold”をプレイ中。難解なルールブックを読み解きながらのプレイは過酷な道でした。

一服タイム…。談笑しながらラーメン屋へ大人数で雪中行軍!

  • このブログについて

    このブログは、札幌市・仙台市の「株式会社インフィニットループ」が運営する技術ブログです。
    お仕事で使えるITネタを社員たちが発信します!

    最新の記事