株式会社インフィニットループ PHPとスマホアプリ開発を行う札幌のシステム会社

技術ブログ

  1. トップ>
  2. 技術ブログ>
  3. Crystal Signal Piの記事一覧

2016年11月25日 (金)

著者 : 

第5回インフィニットループ公開勉強会「OpenIL vol.5」を開催しました

こんにちは、muramotoです。

2016年11月22日(火)、第5回インフィニットループ公開勉強会「OpenIL vol.5」を弊社会議室で開催しました。今回の参加者は30名を超えました。ご参加ありがとうございました!

勉強会当日の様子をご紹介したいと思います。

img_7858

(続きを読む…)

2016年11月17日 (木)

著者 : 

さくらのIoT PlatformとクリスタルシグナルPiで作るお手軽監視ソリューション

こんにちは、mizuno_asです。

先日、ついにさくらのIoT Platformの開発者向けベータ版の出荷が始まりましたね。じつは先日、弊社の会議室でさくらのIoTのハンズオンが開催されました。筆者もそこでさくらのIoTを初体験したのですが、これが非常に面白く、即日社長に買ってーとおねだりしてみました。

届いちゃった通信モジュールとArduino用シールドボード。言ってみるもんです。

さくらのIoTが誕生したきっかけは、田中社長の「ものがつぶやけばいいのに」という一言だそうです。その通り、さくらのIoTは何らかのセンサーから受け取った情報を発信するためのモジュールです 。つまり発信した情報を受け取る「なにか」が必要になるわけです。

一方弊社のクリスタルシグナルPiは、監視システムからの通知をトリガーに、色で情報を可視化するガジェットです。単体ではただのLEDでしかなく、情報を上げてくる対向側システムの存在が必要不可欠なわけです。

あれ? もしかして、これってなんか相性いいんじゃないでしょうか?

というわけで、組み合わせてみました!

(続きを読む…)

2016年11月16日 (水)

著者 : 

インフィニットループ公開勉強会「OpenIL vol.5」を開催します!

openil

こんにちは、h-hondaです。
第5回インフィニットループ公開勉強会「OpenIL vol.5」開催のお知らせです!

開催概要

日程:2016年11月22日(火)
時間:19:00 – 21:00 (開場18:30)
場所:札幌市中央区北1条東4丁目1番地1 サッポロファクトリー1条館 3階 株式会社インフィニットループ 会議室
参加費:無料(要申し込み)
その他:ドリンク・うまい棒付き

(続きを読む…)

2016年11月16日 (水)

著者 : 

クリスタルシグナルPiとZabbixでネットワークトラフィックを可視化する方法

こんにちは、mizuno_asです。

発表以来、大きなお友達にビミョーな人気を誇るクリスタルシグナルPiですが、みなさんもう使い方は決まりましたか? 今回から何度かにわけて、実際に弊社内でどのように使っているか、実例を紹介していきたいと思います。

トラフィックに応じて点滅パターンが変化します。

ネットワークトラフィックを色と点滅で可視化しよう

ILでは、ルーターおよび社内ネットワークのスイッチのポートごとのトラフィックを、Zabbixで監視しています。インフラ担当としては、ネットワークの輻輳にはすぐに気づける必要があります。しかし、常時グラフを見続ける仕事をするには人生は短すぎますし、直感的でもありません。そこでクリスタルシグナルPiの出番となるわけです。

(続きを読む…)

2016年11月02日 (水)

著者 : 

あらゆるイベントを可視化する! RaspberryPiで作るLED警告灯ソリューション

こんにちは、mizuno_asです。

先日お伝えした通り、インフィニットループではネットワーク対応の小型LED警告灯『Crystal Signal Pi (クリスタルシグナル・Pi)』を、2016年11月5日に発売いたします。

実は発売に先立ち、先日行われた北海道IT企業技術交流会「Kita-Tech 2016」において、本製品の発表をしてきました。

資料にもある通り、インフィニットループではパトライト社の警告灯と音声でアラートを通知しています。運用監視をしている部門であれば、これはごくごく当たり前の光景だと思います。

現在はサーバーダウンなどのクリティカルな情報のみを通知していますが、もっと小規模な通知にも使いたいですよね。たとえばJenkinsと連携して、ビルドエラーが起きたら赤点灯、エラーが解消してマージ可能になったら緑点灯なんて、素敵だと思いませんか?

とはいえ、市販の警告灯は結構なお値段。いきなり全チームに導入するには予算という現実を乗り越えねばなりません。そこでもっと安価に、プログラマーが自由にいじれる警告灯を自作しよう、というのが本プロジェクトの出発点でした。

見ての通り、ベースにはRaspberry Piを採用しています。当初はArduinoを使う案もあったのですが、いきなりLinuxが動くRaspberry Piの方が、我々の得意とする領域に低コストで持ち込めると判断しました。

LEDの制御にはRaspbianにパッケージが用意されているPIGPIODを採用しました。そのため、コントローラー部分はPythonで実装しています。

ソフトウェアの配布やアップデートの手間を考えて、可能な限り標準で用意されているものを使っています。

Crystal Signal Piは11/5-6に東京の明星大学で開催される、オープンソースカンファレンス2016 Tokyo/Fallの弊社ブースで展示します。お近くの方はぜひ実物を見にいらしてください!

日時 2016年11月5日(土) 10:00~18:00 (展示:11:00~17:30)
2016年11月6日(日) 10:00~17:30 (展示:10:00~16:00)
会場 明星大学 日野キャンパス28号館 2F(OSC受付)
〒191-8506 東京都日野市程久保2-1-1
参加費 無料
URL https://www.ospn.jp/osc2016-fall/

Kita-Techでの発表は思いのほか好評で、なんと大賞を頂いてしまいました。どうもありがとうございました!

公式サイト

Crystal Signal Pi (クリスタルシグナル・PI)

  • このブログについて

    このブログは、札幌市・仙台市の「株式会社インフィニットループ」が運営する技術ブログです。
    お仕事で使えるITネタを社員たちが発信します!

    最新の記事