株式会社インフィニットループ PHPとスマホアプリ開発を行う札幌のシステム会社

技術ブログ

  1. トップ>
  2. 技術ブログ>
  3. kamuiの記事一覧

2012年08月16日 (木)

著者 : 

【社内勉強会レポート】「Mobageを支える技術」を読む

今回の勉強会では技術評論者から出版されている「Mobageを支える技術」(DeNA著)を読みました。この勉強会は複数回に分けて行われる予定で、第一回目の今回はレプリケーション遅延のページを中心に読みました。

近年急成長し、横浜ベイスターズを買収するなど飛ぶ鳥を落とす勢いのDeNAですが、ソーシャルゲームの運用経験が豊富な同社が著した本ということで、その内容は私たちの期待に十分に応えるものでした。

本書を読み、レプリケーション遅延をいかに防ぐかがソーシャルゲーム運営上の重要事項と痛感させられました。中でも画面遷移を頻繁に行うヘビーユーザーはわずかなレプリケーション遅延にも気づくというくだりは驚きでした。こうしたヘビーユーザーでも不満なく遊べるような体制を構築することが、全体の顧客満足度の向上に欠かせないと感じました。

ほかにも、安全なMySQLのバージョンアップの手順や、レプリケーション遅延の防止策など、DeNAと同じくソーシャルゲームを運営する当社にとって参考になる部分が多く、実際の業務に応用できそうなものも多々ありました。

レプリケーション遅延防止策の一つとして、あえてスレーブにスペックの劣るサーバを入れることで、遅延しそうな状態を予測する手法などは非常にうまい方法だと皆感心していました。

ソーシャルゲームの運用を行う方やMySQLを用いて高負荷のサービスを運用している方はこの「Mobageを支える技術」を一読してみてはいかがでしょうか。

 

——————

 

当社ではMySQLに精通した方、高負荷のサービスを運用した経験のある方を募集しています。興味をお持ちの方は当社の求人ページをご覧ください。 → 求人ページ

2012年07月13日 (金)

著者 : 

【社内勉強会レポート】他社の開発体制を勉強する会

こんにちは、kamuiです。今回の社内勉強会では協力会社として弊社に勤務しているスタッフの方にお話をいただき、他社では開発や運用をどのように行っているのかを勉強する会を開きました。

勉強会では、スタッフの方の所属会社における基本的な開発体制やサーバー構成の話をはじめとして、テストファーストで開発を進めているといった話や、開発部門の企画との窓口が開発のリーダーに一本化され、開発部門の人間がより開発に集中できるようになっているといった話は弊社にとって非常に参考になりました。発表が終了した後の質疑応答では、

 

『開発・運営にどれほどの人員を割いているか』

『テスト時のデバッグチームと開発チームの連携はどうなっているか』

『開発言語と開発に用いるフレームワークはどうしているか』、

 

などの質問が勉強会に参加した皆さんから次々に上がりました。その後も活発に議論が行われ、有意義な勉強会となったと思います。今回の勉強会をきっかけに他社の開発体制の良い部分を取り入れ、弊社の開発体制がより良いものになるよう努力していきたいと思います。

—————

 

弊社では他部門とのコミュニケーションの窓口となり、意見を開発にフィードバックできるようなエンジニアの方を募集しています。

詳細はこちらをご覧ください → 求人ページ

2012年07月04日 (水)

著者 : 

【社内勉強会レポート】Xcodeで40分iPhoneゲーム制作

こんにちは!以前のprototype.js勉強会に続き今記事を担当しますkamuiです。

今回の勉強会ではスマホチームのOさんにAppleが開発したIDE(統合開発環境)であるXcodeを使ってのゲーム作りを実演していただきました。XcodeはC/C++,Javaの開発にも対応していますが、今回はObjective-Cでの開発となりました。

作るゲームはタッチパネルをタッチして蚊を退治するというシンプルなものでしたが、制限時間40分でちゃんと動くゲームをつくるのはなかなか難しいことです。

XcodeではGUI上から画像の関連付けを行うことができ、滑らかなアニメーションも簡単に実現可能で、みるみるうちにゲームとしての形が出来てきます。

そして最後は背景画像を設定し、40分間で無事iPhoneアプリが完成しました!iPhoneやmacが好きな方は、試しに一度 Xcodeでアプリをつくってみてはいかがでしょうか。

——————–

インフィニットループではiPhone,Androidアプリの開発ができるプログラマを募集中です。詳しくはこちらの求人詳細をご覧ください。 → 求人ページ

2012年06月04日 (月)

著者 : 

【社内勉強会レポート】enchant.js入門

こんにちは!今回のブログ記事担当のkamuiです。先日バイトとして入社したばかりですが、よろしくお願いします!

今回の勉強会のテーマは”enchant.js”。

enchant.jsはHTML5+javascriptで簡単にゲームを製作できるゲームエンジンということで、松井社長自らenchant.jsの紹介をする形で今回の勉強会は進行しました。

社長が作った落ちゲーや、サンプルのクマがちょこちょこ動いたりするプログラムを見たりしたあと、そのソースコードを見せてもらったんですが、ソースコードが短い!

ゲーム制作をする上で苦労するフレーム数(FPS)や当たり判定も実に簡潔に記述出来ていました。

勉強会の最後は10分でシューティングゲームを作るというyoutube動画を見ましたが、短時間で結構ゲームの形になっていて、enchant.jsの威力を実感。これなら僕やゲーム作りの経験の浅い人も手軽にゲームを作ることができそうです。

enchant.jsで10分間でシューティングゲームを作る!

http://www.youtube.com/watch?v=mxZlbGEgsOQ

このenchant.jsですが、なんと日本の大学生(!)が作ったものが元になっているそうで、最近ではアスキー・メディアワークスから

『HTML5とJavaScriptでスマートフォンゲーム作成! ゼロからはじめるenchant.js入門』

という入門書も出ています。

enchant.jsではクロスプラットフォーム対応のアプリが簡単に作れるようになっているので、Objective-CやJavaが壁になってスマホアプリが作れなかった人にとっても朗報だと思います。

実際にenchant.jsで作られたゲームは『9leap』という開発元が運営するゲームサイトで遊ぶことができるので、興味のある人は覗いてみるといいかもしれません。

 

—————————

 

インフィニットループではソーシャルゲーム・アプリ制作に精通したエンジニアを募集しています。

求人の詳細は求人ページで御覧下さい。 → 求人ページ

  • このブログについて

    このブログは、札幌市の「株式会社インフィニットループ」が運営する技術ブログです。
    お仕事で使えるITネタを社員たちが発信します!

    最新の記事