株式会社インフィニットループ PHPとスマホアプリ開発を行う札幌のシステム会社

技術ブログ

  1. トップ>
  2. 技術ブログ>
  3. 2012 10月の記事一覧

2012年10月30日 (火)

著者 : 

PSR-0, 1, 2を日本語に翻訳してみました

はじめまして。onoと申します。

このたび唐突にPHP-FIGのPSR内容を日本語に翻訳してみました。

1. PSRとは

一言で表すと、PHPの標準コーディング規約です。

それならもう色々あるよねってお話なんですが、
PHP-FIG(PHP Framework Interop Group)というグループには各フレームワークだったりライブラリだったりの関係者が参加しています。
SymfonyだったりZFだったりPEARだったり。

そんな豪勢なメンバーが共通点を見つけながら、ルールを組み立てていきましょう!という背景のもと、共通内容を整理した規約集がPSRということになります。

1-1. 公開します

今回PSR翻訳してみましたが、様々なツッコミを恐れずに公開することにします。

  • PSR-0 – オートローディング規約(原文
  • PSR-2 – コーディングスタイルガイド(原文

2. PSR-0なら既にあります

PHP界隈でご存知な方も多いかと思いますが、PSR-0に関してはすでにきっちりと翻訳がされております。

PSR-0 を和訳してみた – hnwの日記

3. まとめスライドが既にあります

今回翻訳したといっても、ほぼ直訳です。内容についてはおおいに自信はありません!
だったらそんなの読んでる時間ないよ!!って方は、つい先日まとめスライドが発表されてましたのでそちらをご参照ください。

新標準PSRに学ぶきれいなPHP

大変わかりやすくまとまってるので、PSRの内容を把握するには最適だと思います。

4. でも翻訳した(してしまった)

「既にある」が乱発していますが、それでも進めてしまった理由はそんなにありません。
せいぜい社内にあるコーディング規約と比較してみたいな、くらいのライトな振る舞いです。

なお誤字や訳ミスなどございましたら、本体はGitHubに置いてますのでプルリクエスト頂けると大変うれしく思います。

maosanhioro/fig-standards

HTML版にしてもmarkdown版にしてもテキストデータなので、扱いやすいと思います。

本家が更新されたら追従は・・・努力します

2012年10月26日 (金)

著者 : 

本日発売のWindows8を、深夜先行販売イベントで買ってきました

matsuiです。

本日2012年10月26日発売のWindows8を、深夜先行販売イベントに参加し買ってきましたので、レポートを書きたいと思います。

Windows8に関しては、私個人は非常に楽しみにしていたのですが、周りの人間は全くもって興味が無いようです。
しまいには「わたし、3000円ちょっとで買えるダウンロードのアップデート版でいいし」とか言い出す始末。
 
 
「いいか、これは初鰹なんだ。初鰹に対してコストパフォーマンスとか、無粋な事を言うやつがあるか!」
「お金じゃない。心意気で買うんだ。」
「いま考えるべきことは、ゆうちゃんとあいちゃんのどちらを選択するかということだけだ。」

と説得し、何とか一緒に並んでくれる社員1名を確保しました。
 
 
夜23時のパソコン工房札幌店。行列はできていません。

 
 
店内のPCにはカウントダウンが表示され、店員さんもがんばっています。
23:00~23:30の間にWindows8を購入し、商品の引き渡しは0時を過ぎてから行われるようです。

 
 
店内はWindows8一色ですが、人影はまばら。
全部でだいたい20人くらいでしょうか。
キャンペーン商品も多かったですが、それほど売れてはいませんでした。

 
 
23:30からは購入者を対象に、大抽選会がはじまりました。

これがまた人が少ないためか入れ食い状態で、当たる当たる。
結局2人で3万円分以上の商品を手にすることができました。
パソコン工房さんありがとう。
 
 
1等のCPUを受け取るyukicon氏。

 
 
0時にはカウントダウンが行われ、商品の引き渡しが始まります。

 
 
その後ホクホクしながら会社に帰ります。
戦利品の数々です。

 
 
窓辺ゆうちゃん限定パック

 
 
窓辺あいちゃん。限定パックは残念ながら品切れでした。
あいちゃんの方が人気なんですね。光る腕輪も貰えました。

 
 
謎のアイテム「Windows8(鉢)」
何やら植物が育つらしいです。

 
 
喜怒哀楽マグカップ

 
 
4つ揃ってないと落ち着かないというのは、流行のコンプガチャ手法のせいでしょうか。

 
 
結果、大満足のイベントとなりました。
OSXだLinuxだと言ってるのは中学生までで、今OSは二周半くらいしてWindows8か超漢字がカッコイイと思います。
みなさんもWindows8を使ってみてはいかがでしょうか。
 
 

2012年10月18日 (木)

著者 : 

980円のUSB温度計を使ってLinuxから室温を計測する

社内見える化委員会のmatsuiです。

最近は少しマシになりましたが、部屋が暑いということで、適切な温度計測を行うため、Linuxマシンから温度測定をできる仕掛けを作ってみました。

使ったUSB温度計はこちら。Amazonで980円です。

Amazon USB温度計! USB thermometer
 
 

セットアップ

付属のCDには、Windows用のドライバしか入っていませんので、とりあえず捨てましょう。

セットアップにはこちらのページを参考にさせていただきました。
→ matoken’s wiki. Linux/Device/サンコーレアモノショップ_USB温度計_AKIBA58

環境はUbuntu12.04LTSで試しましたが、ここに書いてあることそのままで大丈夫です。
ありがたいです。
 
 
USBを指すと普通に認識します。

$ dmesg | grep TEMP
[    1.795200] input: RDing TEMPer1V1.2 as /devices/pci0000:00/0000:00:1d.0/usb2/2-2/2-2:1.0/input/input4
[    1.804362] generic-usb 0003:0C45:7401.0001: input,hidraw0: USB HID v1.10 Keyboard [RDing TEMPer1V1.2] on usb-0000:00:1d.0-2/input0
[    1.822847] generic-usb 0003:0C45:7401.0002: hiddev0,hidraw1: USB HID v1.10 Device [RDing TEMPer1V1.2] on usb-0000:00:1d.0-2/input1

 
 
必要なパッケージをインストールします。

$ sudo apt-get install build-essential libusb-0.1-4 libusb-dev git

 
 
温度測定コマンドのソースコードはgithubで公開されているようです。
→ github bitplane / temper

githubからチェックアウトします。

$ git clone https://github.com/bitplane/temper.git

 
 
日本人向けにソースコードを修正します。
上の参考ページそのままです。

$ vi temper.c

44行目の utc = gmtime(&t); を utc = localtime(&t); に
47行目の strftime(dt, 80, “%d-%b-%Y %H:%M”, utc); を strftime(dt, 80, “%Y-%m-%d %H:%M:%S”, utc); に
 
 
diffで書くとこんな感じ

$ diff temper.c.org temper.c
44c44
< utc = gmtime(&t);
---
> utc = localtime(&t);
47c47
< strftime(dt, 80, "%d-%b-%Y %H:%M", utc);
---
> strftime(dt, 80, "%Y-%m-%d %H:%M:%S", utc);

 
 
makeして出来たバイナリを/usr/local/binあたりに設置します。
今回は一般ユーザからも利用したかったので「chmod u+s」しています。

$ make
$ sudo mv temper /usr/local/bin/
$ sudo chmod u+s /usr/local/bin/temper

 
 

使ってみる

実行するとこんな感じです。日付と温度がカンマ区切りで出力されます。

$ temper
2012-10-15 22:01:48,27.825012

 
 
あとはこれを適当なアプリケーションから利用してやればOKです。
弊社ではマザーゆっくりという自作SkypeBotに、温度をしゃべらせる機能をつけて使っています。


 
 
また温度のグラフをcactiに出しています。

<?php
exec("/usr/local/bin/temper", $output);
list($dummy, $temper) = explode(',', $output[0]);
echo round($temper, 1);

こんなスクリプトで取得して、cactiでグラフにしています。


 
 
安いお値段で楽しめますので、興味のある方は試してみてはいかがでしょうか。
 

お古のノートPCをサーバにしています。

2012年10月15日 (月)

著者 : 

土日や夜間のIT系勉強会で会議室をご利用になる方へ

こちらの情報は、ブログ投稿時の2012年10月時点での情報です。
貸会議室への経路に関する最新の情報はこちらのページからご覧ください。

株式会社インフィニットループ 技術ブログ> IT系勉強会などで会議室をご利用になる方へ

 
こんにちは、matsuiです。

先日から始めた、IT系勉強会/イベントへの会議室無料貸し出し(うまい棒付き)ですが、おかげさまで好評です。ありがとうございます。
 
 
さて今回は、土日や夜間のIT系勉強会で会議室をご利用になる方へのご注意事項です。

弊社のビルは、平日19:30以降や、土日は正面玄関が閉まっております。
「入り方がわからない」という声もよく聞きますので、改めて解説したいと思います。
 
 
こちらの正面玄関は閉まっておりますので、通用口のあるビルの左側におまわりください。

 
 
薬局側の角をぐるっと曲がります。

 
 
ビルの左側をずーっと進むと、ここにインターホンがあります。

 
 
インフィニットループに通じる 「601」を押して呼び出してください。

 
 
勉強会への事前登録をされていると思いますので、ここで勉強会に参加される旨と、お名前をお伝えください。
確認が取れましたら、他の参加者が迎えに行く、もしくはドアのカギを開けさせていただきます。
 
 
お困りの場合は、電話「011-271-1118」までご連絡ください。

2012年10月09日 (火)

著者 : 

インフィニットループ社内自販機のご紹介

先日、インフィニットループに2台目の自販機が導入されました。

今までのサントリーさんに続いてキリンさんの自販機です。


 
 
インフィニットループでは、自販機は基本無料で飲むことができます。
1日あたり2本までは無料。それ以降は100円の課金アイテム。
一定の条件を満たすと、キャップが外れて無制限飲み放題になります。

※以前は完全無料制度があったのですが、人数が増えたことや、抑制が効かずメタボまっしぐらの人などが現れたため、現在はこの形に落ち着いています。
 
 
サントリーは、ボタン押し放題設定が可能なので問題ないのですが、キリンはそれが出来ないとのことなので、Edyを自販機に直接貼り付けています。


 
 
基本押すだけで買えるため、お金を入れるところは封印されています。
※課金の場合は別のカゴに入れます。ここは近いうちに社内電子マネー化される予定です。

 
  
 
新しい自販機がもの珍しく、集まるスタッフたち。 


 
 
社長自らが絶対に入れるよう指示したMetsコーラ。
トクホなのできっとみんな健康になれるハズ。


 
 
インフィニットループでは、一緒にコーラを飲みながら仕事をしてくれる人材を募集中です。
ご興味のある方は、こちらの採用情報ページからどうぞ。

2012年10月01日 (月)

著者 : 

インフィニットループのFacebookページを作成しました

ホームページのリニューアルに伴い、インフィニットループでもFacebookページを作成してみました。
 
 

https://www.facebook.com/iloop.sapporo
 
 
まだ出来たばかりで内容が薄いですが、少しずつ更新していこうと思います。

Facebookアカウントをお持ちの方は、ぜひ「いいね!」ボタンを押していただけると嬉しいです。

  • このブログについて

    このブログは、札幌市の「株式会社インフィニットループ」が運営する技術ブログです。
    お仕事で使えるITネタを社員たちが発信します!

    最新の記事